読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

株式会社イリンクス社長blog

恵比寿にあるゲーム会社イリンクス社長のblogです

第23回すくすくスクラム

5月27日に開催された「第23回すくすくスクラム 〜Scrum の概要〜」に行ってきました。

f:id:h-tanaka-ix:20141201190547j:plain

すくすくスクラムアジャイル開発手法スクラムを中心とした
現場の改善を図る方法を模索する勉強会です。
すくすくスクラム

今回は「ゲームを遊びながらスクラムの基礎を学ぶ」という内容な事もあり
7割ほどの方が初参加と、初参加の方が非常に多かったです。

また、参加者の1/3〜1/4がゲーム業界の人でビックリしました。
(私が初参加2年ほど前は2〜3名くらいでした)

■前半「スクラムの概要」

前半はスクラムとは何かという説明でした。

使用したスライドは以下にアップされています。
スライドシェア-Scrumの概要

また、下記サイトにも詳細なレポートが書かれています。
■Diary of absj31 - [勉強会][Scrum]『第23回すくすくスクラム ~Scrum の概要~』に参加してきた

■ワークショップ「紙飛行機を飛ばす」

1チーム7名〜8名ほどに別れ「なるべく沢山3m以上飛ぶ紙飛行機を作る」という内容でした。
ただし、いくつかのルールがあり
・紙の大きさはA6のみ
・一人で連続して折る(山折り、谷折り)の禁止
・ハサミで飛行機の先端を丸く切らないと駄目
という内容でした

  • 第1スプリント計画ミーティング

・飛行機はオーソドックスは縦長型
・ハサミは一人が担当
・1回折ったら左隣の人に回す

  • 第1スプリント

・3m飛んだ飛行機数 ー ゼロ

  • 第1スプリントふりかえり

・先端を切りすぎて、空気が入るので全然飛ばなかった
・飛んでいる飛行機を見ると、シャープな飛行機が飛んでいた

  • 第2スプリント計画ミーティング

・折る回数を2回増やして、もっと先端を重くする
・先端の切る量を減らす
・折るのを4人2チームに分ける

  • 第2スプリント

・3m飛んだ飛行機数 ー 13

  • 第2スプリントふりかえり

・上手くいった!
ボトルネックはどこだろう…?
→飛ばすときに、移動や場所取りに時間が掛かってた
・紙を重ねて折ったら、生産速度があがるのでは?

  • 第3スプリント計画ミーティング

・飛ばす係を決める
・二人一組で交代して折る
・途中まで紙を3枚重ねて折る

  • 第3スプリント

・3m飛んだ飛行機数 ー 19

  • 第3スプリントふりかえり

・途中まで作った飛行機が大量に…
→紙を3枚重ねたお陰で途中までは早いが、そこから完成までが遅い
・ハサミ係や飛ばし係が時々暇な時間が出来ていた

このワークショップでは、スクラムの基本的な流れである
「計画→実行→ふりかえりを短いスパン(本来は1週間〜4週間)で繰り返す」
という事がゲーム形式で体験でき、非常に楽しく学べました。
特に、皆で改善を模索した内容が結果に繋がっていくのは気持ち良かったです。

ワークショップ「自己組織化」

・参加者全員(80名くらい?)で円陣を作る
・各自、その中からターゲットとなる2名を心の中で決める
・その2名と等間隔になるように自分が移動する

f:id:h-tanaka-ix:20141201190609j:plain

例えば一人で80人にヒアリングして一人づつ動かすとキリがないこのゲームですが、
各自が独自の判断で動いたら、何とたった1分やそこらで収束しました。
(これは100人くらいでも、やはり1〜2分で収束するそうです)
「一人の人が命令するのではなく、各人が考えて動くべき」という
スクラムの重要な要素である「自己組織化」の一端が分かるワークショップでした。

■最後に

今回は「スクラムの概要」という内容でしたが、正直な話
数時間程度の説明でスクラムが上手く運営できるようにはなりません。
実際に運営をしてみると、想定もしていなかった様々な問題が発生します。
(上司やスタッフが積極的にやってくれない、突発的な仕様の変更が入る、etc...)

しかし、今回はワークショップに多くの時間が割かれており、そのお陰で
「開発の現場を、現場の意見を取り入れ少しづつ改善していく」という
スクラムの目的を肌で実感できた人は多かったのではないかと思います。

・この体験を自分の会社で実現するにはどうすれば良いのか。
・この体験を今のプロジェクトに当てはめるにはどうすれば良いのか。

開発の現場を少しでも良くするため、私も次のステップについて考えていきたいと思います。

■告知「スクラム道バースト」

スクラム道バーストというイベントが何とバンダイナムコゲームス
シアタールームで開催されます。
スクラムのベテランの方々が、ディスカッション形式でスクラムについて語るそうです。
6月24日の18時から開催で、参加費はもちろん無料!
参加申し込みはこちらからです。

■おまけ

すくすくスクラムでは、勉強会の後にふりかえりを兼ねた飲み会を開催しています。
ただ、今回はゲーム業界のメンバーが多かった事が嬉しく、思わずスクラムと全然関係ない話題
IGDAやらCEDECやらetc..)で盛り上がり、結局全然ふりかえりませんでした…
スイマセンでした><
あと、CEDEC講演が決まった皆さん、おめでとうございます!