株式会社イリンクス社長blog

ゲーム会社イリンクス社長のblogです

続・Parsec

以前の記事でリモートワークにParsecを使用している旨書きましたが、あれからParsecが凄く進化したので紹介したいと思います。

f:id:h-tanaka-ix:20200423154805j:plain:w400
https://parsecgaming.com/

以前の記事時点では「_と¥が入力できない」状態でしたが、現在は問題なく入力できます。「一部のダイアログが表示されない」も殆ど直ってますし、「マルチディスプレイ表示が出来ない」も、有料版で機能追加されました。

現在Parsecでは3つのプランがあります。

無料プラン
・一通りの機能は使えるが、以下の有料プラン専用機能は使えない

Warpプラン(月9.99ドル)
・マルチディスプレイ対応
・4:4:4カラーモード対応
・ペンタブ対応

Teamsプラン(月30ドル)
Warpの全機能+アカウントの管理

■各機能の説明
4:4:4カラーモード
 標準モードはYUV4:2:0が採用されているため全体的に色が薄めで表示されます。それに対し、4:4:4モードではYUV4:4:4が使用されるため色の再現度は高くなります。ただし、リモート元、先両方に最新のビデオカードが必要なのと使用帯域が増えます。
詳細はこちら
https://support.parsecgaming.com/hc/en-us/articles/360045446151-4-4-4-Color-Setting

ペンタブ対応
 筆圧感知もサポートしてます。Parsec曰く「リモートソフトで唯一のペンタブ完全対応」。

アカウント管理
 Office365などと同じく、ユーザーの招待や削除、支払いの一元化が可能です。Warpだとアカウント毎ににカード情報の入力が必要になるので、法人では基本的にTeamsプランを使うことになると思います。

各プラン毎の比較詳細はコチラ
https://parsecgaming.com/teams/

前回の記事から半年経ちましたが、機能性や安定性は向上しつつお値段据え置きと素晴らしいですね。ただ時々不安定になるので、緊急用に別のリモートソフトも用意しておいたほうが良いかと思います(今はAnyDeskを使用してます)

また、どんどん顧客が増えてるらしく、今ではHPに書かれているだけでも、EA、UBI、スクエニ、BLIZZARDと名だたるゲーム会社が揃い踏み。もはやゲーム開発とParsecは切っても来れないソフトとなったようです。まさにシンデレラストーリーですね。

早くコロナが落ち着くのを願いつつ、もう暫くParsecで頑張りたいと思います。